教育ニュース

2020年プログラミング教育の必須化について親が知るべきこと

2020年度から小学校でプログラミング教育が必須化すると聞きました。実際にどのような内容などを勉強するのか、なぜプログラミング学習が必須かされたのか時代背景なども含めて、全く分からないので知りたいです。

そんな疑問にお答えします。

記事の内容
  • プログラミング教育を2020年から小学校で必須化する理由
  • プログラミング教育を2020年から小学校で必須化する目的
  • プログラミング教育に関する誤解について
  • プログラミング教育必須化に向けて親は何をするべきか
子供も大人も楽しめるプログラミング教育教材【embot】プログラミングおもちゃ

プログラミング教育を2020年から小学校で必須化する理由

geralt / Pixabay

プログラム教育が2020年に必須になった理由を紹介します。

社会的背景

近年の私たちの暮らしには、ITが生活の中で密接に結びついていて、切っても切り離せない関係になっています。

また、ITの発達によって、あらゆる課題解決にプログラミング的思考が必要となっているのです。

例えば、回転ずしの皿に取り付けられたチップのように、一見ITと関係のないように見える業種においても、お皿についているチップでネタの売れ具合を管理したりしています。

このように、ITと私たちの生活な密接な結びつきがあり、今後もますます私たちの生活になくてはならないものになるだろうと予想されます。

プログラミング教育必須化の背景にはこのような社会構造の変化があります。

IT人材の不足

geralt / Pixabay

プログラミング教育を必須化する理由として、システムエンジニアをはじめとするIT人材の不足という問題もあります。

経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」では、2020年に36.9万人、2030年には78.9万人のIT人材が不足すると予測されています。

(  IT人材の需給に関する推計結果の概要 経済産業省HPより引用)

また、これは日本のみならず、海外でも同様の問題があります。

アメリカでプログラミング教育の推進を進めるNPO法人のCode.orgの調査では、2020年には40万人のプログラマーが足りなくなると判明しています。

今後もあらゆる分野でITが活用されると考えられますが、IT人材の数が追いつかないという問題があるのです。

世界的に見て日本はプログラミング教育後進国である

geralt / Pixabay

2014年、文部科学省は委託事業として「諸外国におけるプログラミング教育に関する調査研究」をまとめています。

義務教育課程でプログラミング教育が必修教科に規定されているのは、英国、ハンガーリ、ロシア、上海、イスラエル(高校)などです。

各国ともに、コンピューターサイエンスやICT教育の中の学習項目として位置づけられています。

また、フィンランドが2016年の新カリキュラムに導入を決定しています。

韓国では、2015年から中学校に、2017年からは初等学校の正規教育課程としてソフトウェア教科を導入しています。

また、香港が2015年から中学校に導入したほか、オーストラリアが2015年以降に各州で順次導入しています。

このように、世界各国でプログラム教育を進めている国がたくさんある中で、現在の日本におけるプログラム教育は、大きく遅れをとっていると言っても過言ではありません。

このような世界情勢や他国との比較においても、日本でプログラム教育が必須になった理由が挙げられます。

プログラミング教育を2020年から小学校で必須化する目的

stokpic / Pixabay

さきほど述べたIT人材の育成という目的も、もちろんありますがプログラミング教育を通して、例えばコンピューターを意図通りに動かす体験を通して、論理的な思考力をはぐくみ、幼いころからプログラムの世界に触れ、ITに強い人材を育成する目的があります。

また、そのコンピューターを意図通りに動かす過程で出す指示を通して問題に対しての解決策を模索、探求する力(問題解決力)の育成を目指しています。

論理的思考を使った課題解決能力といったほうがわかりやすいかもしれませんね。

●小学校でのプログラミング教育の目的
小学校段階において学習活動としてプログラミングに取り組むねらいは,プログラミング言語を覚えたり,プログラミングの技能を習得したりといったことではなく,論理的思考力を育むとともに,プログラムの働きやよさ,情報社会がコンピュータをはじめとする情報技術によって支えられていることなどに気付き,身近な問題の解決に主体的に取り組む態度やコンピュータ等を上手に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度などを育むこと,さらに,教科等で学ぶ知識及び技能等をより確実に身に付けさせることにある。
出典:文部科学省「【総則編】小学校学習指導要領解説」

文部科学省の以上の引用をまとめると

1. 論理的思考を身につける
2. 身近な問題の解決に自ら取り組む
3. 情報化社会においてコンピュータをうまく活用させる
4. 従来の教科の学習の助けにする
5. プログラミング技能を習得することが目的ではない

ということが分かります。

プログラミング教育に関する誤解について

johnhain / Pixabay

プログラミングという教科ができる?

2020年より小学校でプログラミング教育について必須化と聞くと「プログラミング」などといった新しい科目の設置をイメージするかもしれませんが、違います。

既存の科目に「論理的な思考力を使って課題を開設する問題」が理科や算数や総合学習の時間に組み込まれる程度です。

C言語の習得をさせるもの?

Free-Photos / Pixabay

小学校でのプログラミング教育の目的は、論理的思考を育てたり、コンピュータに親しんだり、教科の補助となるもので、プログラマーを育てるものではありません。

つまり、さきほど述べたプログラミング学習をする目的のために、コンピューターや

プログラミングを活用するということです。

プログラミングで成績がつく?

あくまで、教科ごとの学習を助ける目的でプログラミングを活用しているため、プログラミング単体の成績がつくわけではありません。

プログラミングの授業は決められた学年と教科だけで実施する?

Pixapopz / Pixabay

「教育指導要領」には、6年生理科、5年生算数、総合的な学習の時間でプログラミング教育をする例示があります。

ただし、どんなプログミング教材を使うのか、また、それ以外の教科や学年において、どのようにプログラミング教育をするのかは学校にゆだねられています。

そのため、必ずしも決まった学年と教科で実施するとは言えません。

プログラミング教育必須化に向けて親は何をするべきか

finelightarts / Pixabay

今回の政府の方針としては、このプログラミング教育必須化で、現在の情報化社会で生き抜く力ための力を、子どもたちに身につけさせようとしているということです。

そのためには保護者としても「知らない」「わからない」ではなく、自分事として理解を深めてください。

そして、答えが分からない問題に対して、道筋を立てて考えてできるだけ結論に近づけようとする姿勢などを養えるといいですね。

プログラミング教室に今すぐに通うことを提案はしませんが、お子さまがプログラミングに興味を持っているようでしたらプログラミングおもちゃなどを与えてもよいのではないでしょうか?

子供も大人も楽しめるプログラミング教育教材【embot】プログラミングおもちゃ



 

ABOUT ME
みさ
とある街で個人塾を初めて18年になります。 ここでは個人塾を始めたい人、また個人塾に 入塾を検討している人に役立つ情報を発信していきます。 どうぞよろしくお願いいたします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です