塾の運営

【初心者塾長向け】数学の点数が低い生徒の指導について

新米 塾長 まみ
新米 塾長 まみ

最近、塾に来たいって子の成績を聞いたら

数学は一桁だって!

新米塾長 けん
新米塾長 けん

うまくおしえれるのかな・・?

効果的な指導法があれば助かるな♪

近年、塾の現場でも問題になるのは、生徒の学力の2極化が激しいということです。

また、私どものような個人塾は極端に言えば、この低学力層か、高学力層の生徒を指導することが多いという印象も受けます。

うちの塾もそのような現象は普通に見られ、上は偏差値70以上の高校生、下はおそらく学校の定期試験で一桁の生徒と学力の幅は相当なものがあります。

あまり指導経験がないのに、この低学力層の生徒を多数引き受けるのは塾の経営的にはあまりおすすめしません。

誤解のないように話をすると、塾はあくまで「教育サービス業」であり、高い偏差値の学校への合格実績を見て、「期待」して入塾するという消費者の心理があるからです。

ただ、やはり教育者として困っている生徒に手を差し伸べることは、当然のことだと思うし、「経営」だけの枠に収まらないサービスとして、また自らの指導のスキルアップの一つとして参考にしていただけると幸いです。

この記事は、ある療育歴のある生徒と近隣にある大学との連携によって数学ができるようになった例です。

うちの塾の実践や大学からの指示や指導・助言も含まれております。

こんな先生におすすめの記事です
  • 指導歴の浅い先生
  • 低学力の生徒を預かったはいいがイマイチ結果が出ない先生
  • 指導の方向性を見失っている先生

教科書(学校図書)を使った指導を紹介します。

まず、解き方のルールですが、以下の①~④のプロセスで指導をします。

①確かめようの問題を解く

例えば学校図書1年数学の教科書を例にとって話をします。

教科書20ページの確かめようを開きます。まず、1の問題を解いてもらいます。問題はこうです。

数量を正、負の記号を使って表すとき、次の問いに答えなさい。

(1)A地点を基準0㎞として「Aから北へ3㎞」の地点を+3kmと表すとき、「Aから南へ5㎞」の地点は、どのようにあらわすことができますか?

(2)「200円の損失」をー200円と表すとき、+300円はどんなことを表していますか?

②よくわからない問題、解けたけど怪しい問題は横に△をつけよう

一応①、②ともに自分で解きます。もし分からなかったり、解けたけど怪しい問題に△をつけておきましょう。

③対応するページの解説をチェックしよう

もし△マークがついた場合は15ページに戻るといいんですね!

15ページの問3にこの問題が解けるためのヒントがあります。

15ページには

(1)400円の利益を+400円と表すとき、500円の損失は? 「-500円」

(2)今から20分前をー20分と表すとき、今から30分後は?「+30分」

(3)今日の最高気温について、昨日の最高気温よりも3℃高いことを+3℃と表すとき、昨日の最高気温よりも4℃低いことは? 「-4℃」と例題が3つあります。

得点の低い生徒の特長として、勉強の仕方が分からないということがあるのでこのようにフィードバックできる問題集などを使うのはとても効果的です。

蛍光ペン・付箋の使い方

また、得点の低い生徒は、蛍光ペンの使い方や付箋を使うという癖もほぼ定着していません。

振り返る途中で本文の中に「大切なところはなかったか」またあったとしたら大切なところにマーキングすることを指示しましょう。

④確かめようの問題にチャレンジしよう。

再度、20ページに戻り、もう一度問題を解いてみます。

問題ができたらチェックしてあげてください。

正解だったらさきほどつけた△の上に〇を大きくつけてあげてください。

もし、また間違えていたら問題の解説をしてあげてください。

この問題を通して、大切だったこと、解き方のヒントなどを生徒さんなりの言葉でまとめさせます。

このページを指導してみての考察

  • 不等号を2つ使って、3つの数の大小関係を不等号を使って表すとき、-2<+1>-3のようになっている
  • 絶対値を指導するとき、ある数の絶対値の説明はすんなり入るが、絶対値が9となる数は?となると正答できない
  • 最後の生徒に解き方のヒントなどまとめを書いてもらったのだが、日本語が思うように出てこなかった。
  • このプロセスを繰り返して、彼はずいぶん得点がアップした

塾用ワークではiワークが一番!

この一連の指導のあと、学習を定着させるためにいろいろなワークを検討してみたところ

一押しは育伸社のiワークでした!

それぞれ、戻るべき例題が示されているので、学習がしやすくなっています。

この問題が解けなかったらポイント①に戻ればいいんですね!

この記事のまとめ

  • 得点の低い生徒に教えるべきは勉強の仕方であり、それをしやすくする教材(教科書の巻末ページ)やページ(例にだしたiワークなど)を選ぶ
  • 色々な情報をまとめるのが苦手なタイプの生徒が多いのでいきなりまとめのページなどから入り、あとで詳細を詰めていく
  • シンプルかつ分かりやすいシステムを作り、生徒が自学しやすくなるようにサポートする
  • あとはひたすら繰り返す

この方法で数学一桁だった生徒、中3終了時には80点まで点数が上がりました。

高校入試も無事、合格でき春からは高校生です!(平成31年3月現在)

みさ
みさ
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
ABOUT ME
みさ
とある街で個人塾を初めて18年になります。 ここでは個人塾を始めたい人、また個人塾に 入塾を検討している人に役立つ情報を発信していきます。 どうぞよろしくお願いいたします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です