生徒への指導について

中学生の塾選び【学力別にどんな塾がぴったりなのか】

中学生のお子さまをお持ちのお母さま、お父さま

お子さまのご入学・ご進級おめでとうございます。

と同時にお子さまの勉強のこと、高校入試のことも心配になることでしょう。

街を歩けば、たくさんの塾が乱立し、いったいどの塾を選んだらいいのか

分からなくなると思います。

  • 大手の進学塾
  • 大手の総合塾
  • 大手の個別指導塾
  • 地域密着型の塾
  • 自立型の塾
  • 公文や学研など
  • 予備校

などなど・・・。最近は指導形態も従来の「クラス型授業」のみならず、「個別指導」「自立指導」などといった指導形態の塾も出てきています。

中学の3年間で、塾の費用は100万円にものぼることもあります!

よく考えて後悔のない塾選びをしたいものですね。

今日は、学力別の中学生の塾の選び方について考えてみましょう。

  • 成績がトップ層
  • 成績が中の上
  • 成績が中
  • 成績が中の下
  • 成績が下位

に分けて説明したいと思います。

また、学習習慣と学力には相関性があるので、学習習慣も考慮すると

  • 成績がトップ層の生徒
  • 成績が中の上でよくできるが、学習習慣がない生徒
  • 学習習慣はあるのだが成績は中の生徒
  • 学習習慣がなく、成績は中の下の生徒
  • 成績が下位の生徒

という5つのカテゴリーに分けて説明をします。

初めての塾/失敗しない塾選びのポイント3つ こんにちは!今日は、正しい塾選びのコツについてお話しします。 春ですね。進学、進級を迎え、塾では一番生徒の出入りが多い時期...

成績がトップ層の生徒

Allexsalon / Pixabay

この層の生徒は、どのタイプの塾に行っても大丈夫です。大手でも大丈夫ですし、地域密着型の個人塾でも、送迎の利便性や金額などを考慮して塾を選びましょう。

ただ、よほどできてしまうと大手塾の中には過剰なほどに難しい高校の問題を解かせすぎたり、また合格実績が欲しいがために、自分の希望する高校以外の受験をすすめられることもあるので注意しましょう。

一部の大手塾には、未だに合格実績が欲しいがために、生徒に実績作りのために受験料を塾が負担してまで受験させるということもあるようです。

その点だけ気を付ければ、どこの塾に行っても本人の希望する授業や学力の伸長は見られるでしょう。

成績が中の上で、よくできるが学習習慣がない生徒

klimkin / Pixabay

元々小学校の時から80点台で、なんとなくできているタイプの生徒さんには自立型の学習塾がおすすめ!

自立型学習塾というのは、くもんのようにプリントの演習やワークを中心としたアウトプットに重きを置き、自ら進んで考える力を身に着けるスタイルの学習塾です

なんとなく「出来る」ので、おうちの方もあまり塾の必要性を感じていないことが多いです。また、本人にもその傾向が近いです。

困っていないと思われがちなのですが、実はこの塾とは無縁な層の生徒が塾は欲しい生徒のゾーンになります。理由は、この学力層の生徒は、きちんとした演習を積めばトップ層に上ることも簡単にできるので、塾としても実績作りにはもってこいの生徒になります。

また、講師側から見ても教えやすいので、ますます学力の向上にもつながりいいことばかりです。

学習習慣があるのだが、成績は中の生徒

jackmac34 / Pixabay

この層の生徒は比較的女子に多く、勉強することは嫌いではないのだけど、なかなか成績が上がらないタイプ。このタイプの生徒さんにおススメは地域密着型の塾です。

クラス指導か個別指導かは問いません。担当者がころころ変わるのではなく、塾長の目の届く範囲で学習の仕方も含めて管理することが必要だからです。

効率のよい学習の仕方など、勉強以外にも手取り足取り教えてもらえる環境の塾に行くことをお勧めします。

おそらく、地域型の塾は近隣の高校の情報やネットワークも持っているので、私立高校であれば塾長の推薦のルートも使えます。(うちの塾がそうです。)

まずは、勉強の仕方から教えてくれる塾を探してみてください。

学習習慣がなく成績は中の下の生徒

ikinitip / Pixabay

この学力層は、勉強そのものが苦痛のために学習習慣がほとんどありません。この学力層の生徒は、個別指導塾がお勧めです。

大手でも構いません。できればマンツーマンで見てもらえる塾をお勧めします。

まずは、分からない問題に対して「分かる」経験を積むことが大切になるからです。

まずは塾でひとつひとつの問題に対して、分かるまで教えてもらえる環境が大切になってきます。

成績が下位の生徒

AnnaKovalchuk / Pixabay

この学力層の生徒は、個人塾をお勧めします。

個別指導塾の大手の場合、この学力層はいい「お客様」になります。

講習時など、どんどん講座の提案をされます。まだまだ伸びないとかまだまだこれも必要といった風に、たくさんのコマ追加の営業のカモになりやすいです。

その点、いい個人塾の経営者に当たれば、無料でテスト対策をやっているところもありますし、「ワカラナイ」と言えば補習にも応じてくれるところがほとんどです。

なので、近隣で評判のいい個人塾を探すことをお勧めします。

 

 

 

 

ABOUT ME
みさ
とある街で個人塾を初めて18年になります。 ここでは個人塾を始めたい人、また個人塾に 入塾を検討している人に役立つ情報を発信していきます。 どうぞよろしくお願いいたします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です