塾の運営

塾経営は儲かるのか?【現役塾長の18年の軌跡から塾経営を考える】

最近は、給料も上がらず、この先が不安で・・。大学生の時に塾講師バイトをしていたんですけど、その時の楽しかった思い出がふと頭をよぎるんです。そして、気になるんですけど、塾って、儲かりますか

実は、18年黒字経営をしている私は、控えめに言っても、塾は儲かると思っています。

なぜなら、私も未経験で自宅の一室で塾を開いたのですが半年くらいで軌道に乗り、その後はコンスタントに生徒40名程度で売り上げは年間1000万くらいです。もし、この記事を読んで塾をやってみたい!と思ったらまずは、いろいろな資料を集めるとから始めてみてはいかがでしょうか?
独立・開業・起業をお考えの方に!
無料!簡単!
資料請求はBMフランチャイズ



▲まずは情報を見てみよう▲

この記事を読み終わるころには、塾経営について一歩進んだ知識を持ち、開業に向けて準備を始めようと思っているかもしれませんね。

塾経営の現状を知ろう

塾が儲かるかどうかを知るには国税庁のデータ(所得種類別人員、所得金額)を見てみるといいです。

なぜなら、所得階級別に度数が公表されていて、だいたいの所得の度数分布が把握できるからです。

ちなみに、私の所得は約500万円。これは全教育・学習支援業の上位10%にあたります。

国税局のデータ(所得種類別人員、所得金額)を見てみよう

学習塾が儲かるかどうかを知るためには国税庁が発表しているデータを見てみるといいです。なぜなら、このデータの「教育、学習支援業」の中に塾も入るのですが、この中には「そろばん教室」や「ピアノ教室」も含まれてはいるのですが、どのくらいの所得層にどのくらいの人数がいるのか分かりやすいからです。主観的な判断よりも客観的なデータの方が参考になると思います。

実際に私のような、所得500万以上となると上位10%程度。

この数字を見てあなたは、学習塾は儲かると思いますか?

所得階級 人数 割合(%)
200万以下 99,709 83.4
250万 5,789 4.8
300万 3,830 3.2
400万 4,332 3.6
500万 2,243 1.8
600万 1,205 1.0
700万 710 0.5
800万 417 0.3
1000万 453 0.3
1200万 239 0.2
1500万 182 0.15
それ以上 351 0.3

このデータから何を考えるのか

サラリーマンを退職して塾を開きたい場合、大切なのは仕事に対してのやりがいと対価(お金)について考えてみることです。

なぜなら、個人事業は自分のやりたいように仕事がやれる(やりがいがある)代わりに、収入の保証がないからです。

実際、塾がうまくいって軌道に乗るまでは約半年~3年かかると言われています。

その間の生活費などの貯蓄をしておくことをお勧めします。

とある個人塾のデータを見てみよう

所得金額(円)
平成13年 120,258
平成14年 730,458
平成15年 456,420
平成16年 987,332
平成17年 1,001,305
平成18年 849,103
平成19年 740,023
平成20年 1,178,000
平成21年 1,080,428
平成22年 1,201,490
平成23年 1,412,607
平成24年 1,527,423
平成25年 3,206,159
平成26年 2,665,983
平成27年 4,599,760
平成28年 5,167,682
平成29年 5,742,898
平成30年 4,557,023
みさ
みさ
これは私の塾のデータです。軌道に乗ったと言えるのは平成25年(開塾して13年後)くらいかな!

この数字を見てあなたはどう考えますか?

 

塾は儲かるかどうかと思っているのであれば、この数字を見て「塾は儲かるなあ」と思うマインドが大切です。

なぜなら思考は行動を作るからです。

実際に、私は塾を開いた18年前、儲からないとか不安だといった気持には全くなっていません。成功者のマインドというのはこういうことだと思います。

塾経営にかかるコストから塾経営を考えてみよう

次に、塾経営にかかるコストの面から塾経営を考えてみましょう!

塾経営にかかる経費
  • 家賃
  • 光熱費
  • 人件費
  • 広告宣伝費
  • 教材仕入れ
家賃と人件費が結構かかるよ!

 

家賃が 10万
光熱費 3万
人件費 10万
広告宣伝費 1万
の合計 24万として、
50万手元に残そうと思えば単純計算で74万の売り上げが必要
仮に生徒単価15,000円として、740,000÷15,000≒50人 
本当にざっくりの計算ですが生徒50名くらいでなんとか軌道に乗ったと言えそうです

フランチャイズでの開塾の場合はどうなのか

フランチャイズの開塾の場合は、上に述べた経費以外に加盟金などのお金が必要です。

なので生徒60名~70名は必要なのではないでしょうか?

ただ、フランチャイズは塾名がすでに周囲に知られていること、コマーシャルなどもやってくれる、チラシなども用意されているものを使えばいい、個人事業で生徒一人から始めた私にはと至れり尽くせりと感じます。

資金さえあれば、フランチャイズでの開塾をお勧めします

個人塾での開塾の場合はどうなのか

個人塾の場合は、家賃の固定費、光熱費の分だけ経費をカットすることができます。

私もこのケースに当てはまるのですが生徒30名程度である程度軌道に乗ったと言えるでしょう。

また、家賃として、塾として使用しているスペースは経費として計上することができます。

指導力に自信があって、生徒第1号になる予定の生徒がいるなら(知り合いのこどもさんなど)自宅で塾を始めるのをおすすめします。

塾業界についての将来性について考える

少子化に伴い、塾業界の存続や塾業界に対して景気がよくないといった話をよく聞くこともありました。しかし、私は塾業界の将来性は大いにあると思っています。

なぜなら、少子化の代わりに子ども一人に掛ける教育費の割合が多くなっているし、英会話やロボット教室など塾以外の教室を併設することも可能になってきました。また、ネットを利用したオンライン学習塾なども共働き家庭には需要が多くあり、学習塾経営の形態も多様化していくでしょう。

ロボット・プログラミング教室

2020年から実施されるプログラミング教育実施に先駆けて、全国的にプログラミング教室の展開例が増えてきています。

なぜなら、これからの社会で生きていくうえで学力だけでは測れない論理的思考や問題経穴力の育成を子どもにつけたいとプログラミング教育への保護者の関心も高まっているからです。

実際に私の塾も5年前くらいからチラシや営業の電話を受けることが多くなってきました。

また、知り合いの塾長にも塾と併設してプログラミング教室を開講した例も身近で起こっています。

プログラミング学習必須化について親が知るべきこと

2020年プログラミング教育の必須化について親が知るべきこと そんな疑問にお答えします。 プログラミング教育を2020年から小学校で必須化する理由 プログラミング...

そろばん教室

現代のIT優勢の時代に於いて、最近はそろばんの効用も見直されてきました。

なぜなら、指先を使うことが結果として子どもの脳の発達にも大きく影響すると言われてきているからです。時代に逆行するようですが、実際にそろばん教室を併設している塾もありますし、流行っているので需要はあるようです。

英会話教室

英語の授業に関しても、最近の英語4技能化により塾と英会話教室を併設している例も見かけます。なぜなら、従来のスタイルの塾だけの英語の指導だけでは英検を始め資格試験や大学入試に影響が出てくるからです。

大学入試も大きくかわろうとしています

どう変わる!大学入試!センター試験に代わる共通テストの内容と対策 現在の高2から始まる新大学入試の概要が分かります。 今からできる対策や英検の扱いについても分かります。 ...

オンライン学習塾

また、生徒の学力層の2極化から、塾の役割も2極化してきていると言えます。昔は、ある程度の学力の生徒がある程度の学力をつける役割を担っていることが多かったですが、最近は学力が本当に厳しい層(低学力層)の生徒への指導や発達障害や不登校に特化した学習塾も見られるようになってきました。

生徒一人一人の多様化するニーズに対応するさまざまな形態の学習塾への需要が高まってきているのではないでしょうか。

独立・開業・起業をお考えの方に!
無料!簡単!
資料請求はBMフランチャイズ



▲資料請求があなたの人生を大きく変えるかも▲

 

 

 

 

 

ABOUT ME
みさ
とある街で個人塾を初めて18年になります。 ここでは個人塾を始めたい人、また個人塾に 入塾を検討している人に役立つ情報を発信していきます。 どうぞよろしくお願いいたします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です